::ゆるゆるUSライフ:: その一言が言えずに

今回は、アメリカの切ない文具のお話です。



留学生時代は授業にペンを持って来ていない生徒さんが多くて、(ペンケースを持っている人がまずいなかった)いつもペンを持ち歩いている日本人の私はよく「ペン持ってる?」と言われて貸していたのですが、

貸したペンがね、

びっくりする程返ってこなくて。(ノ)゜Д゜(ヽ)

もうほんと、何本愛するペンたちが私の手元を離れていったことか。

それがね、「やばい!このペン!!すっごい気に入った!!Made in Japan半端ない!」とか言われようものなら「でしょ!それいいでしょ!うふふ♡」って言いながら笑顔であげたい気持ちなんですけども、特にそんな感想もなく借りパクされた日にはね、涙で枕を濡らしたくもなるってもんですよ。わ、私のお気に入りのペン…!って。まず第一に、アメリカでは買い直せないですからね!

ペン数本位で大袈裟な、って思われるかもしれないですが、留学用に1本1本書き心地を吟味して選ばれた、私にとってはまさに精鋭揃い、筆箱の中の日本代表なわけです。数日前まではフィールド(紙)の上を元気に走り回っていた、アメリカ留学という場で活躍させようと連れてきた代表選手(ペン)が、ちょっと人が足りないから選手貸して~って言われて他国の試合に一回出したら、そのまま自分の知らないところで移籍の契約させられてた!!みたいな!

しかも移籍後、大切にされている姿が見られるならまだしも大概が行方不明エンドですよ!大事な選手が大した活躍をすることもなく、鞄の奥底や私の知らない場所でその生涯を終えると思うともう、涙なしには語れないわけです。

この日本人留学生なら誰もが体験しているだろう「知らぬ間にペンが減っていく怪奇事件」、アメリカ人の旦那に相談すると「そんなの最初から貸さなきゃいいのに~。アメリカ人にペンを貸したら、もう戻ってこないと思うべきだよ。それか、I think you have my pen.(それ俺のじゃね?)って一言言えばいいじゃん!」って言われるんですけど、そ、その一言が言えたら苦労しないわー!だって、相手にとっては日本代表でも何でもなくただのペンだし、悪気がある訳ではなく、単に借りたのを忘れてしまっているだけっていうのが分かってるんだもの。つД`)・゚・。

出来ればこちらが何も言わずとも返してくれるのが理想なのだけど、それは世界の常識からすると贅沢なのでしょうか…。

というわけでこれから留学する人は、お気に入りのペンだけじゃなく「特になくなっても困らないペン」を数本持参しましょう!(笑)消しゴムも忘れずにね!

ちなみに漫画に出てくるペンはPilotのFlixion ball(0.7)です。消せるボールペンなのでインク薄めですが、綺麗に消えるしサラッとした書き心地が!好き!!何より借りパクされてもアメリカで買い直せるって最高に素敵!!

今回は「あっそりゃそうだよねこの書き心地はMade in Japanだよね」なオチでしたが、いつかアメリカでアメリカンブランドのお気に入りペンを見つけた際は、またここでレポートしたいと思います♡


0コメント

  • 1000 / 1000